「運動」ってどれくらいしたらいいの?

健康のために「運動する」というその運動量は、「汗をかく」ことが判断の目安。夏は日中を避けた状態で汗ばむ程度、冬は下着を重ね着し上着を羽織った状態で汗ばむ程度が基本。汗の次は呼吸、息が荒くなると運動量も増える。自分の体感を大切に。
 
東海大学名誉教授 宇佐美 彰朗氏

「運動」ってどれくらいしたらいいの?

健康のために「運動する」というその運動量は、「汗をかく」ことが判断の目安。夏は日中を避けた状態で汗ばむ程度、冬は下着を重ね着し上着を羽織った状態で汗ばむ程度が基本。汗の次は呼吸、息が荒くなると運動量も増える。自分の体感を大切に。
 
東海大学名誉教授 宇佐美 彰朗氏

赤ちゃんのウンチはなぜ浮くの?

オリンピック3大会出場の競技者として、食事のとり方と排便のチェックがコンディション維持に大切と力説。腹八分目の意味と赤ちゃんのウンチを例に、なるほどの宇佐美式人体メカニズムを解説。今日から「個室」でチェック!!
 
東海大学名誉教授 宇佐美 彰朗氏
 


人体と歩きのメカニズム②

手がリード役になると足は円滑に動く
腕を振って歩くことで自然にひねりが生じ消化・吸収・排泄を助ける
 
東海大学名誉教授 宇佐美 彰朗氏
 

人体と歩きのメカニズム①

現役時代地球2周を走破、50年間の体験から得た歩きのメカニズム
赤ちゃんの第一歩が人の歩きの第一歩。ふくらはぎの動きで実践紹介
 
東海大学名誉教授 宇佐美 彰朗氏