UR都市機構の取組み

シリーズ① ミクストコミュニティの取組み紹介

国策である「住み慣れた地域で生涯在宅」を基本とした生活の継続を目指す地域包括ケアシステムの推進の一環として、UR都市機構の取組みを紹介。
住み慣れた地域で最期まで暮らし続けることができる住まい・環境づくりを目指し、地域医療福祉拠点化を推進しています
 


シリーズ② 豊四季台団地の取組み紹介

千葉県柏市にある豊四季団地の取組みを紹介。
豊四季団地は、いつまでも在宅で安心して生活できる在宅医療の普及とさらに高齢者がいつまでも元気でいきがいを持って働くこができる就労機会を創り出すなど具体的な事例を紹介しています。
 


シリーズ③ ひばりが丘団地の取組み紹介

西東京市と東久留米市にまたがるひばりが丘団地の取組みを紹介。
ひばりが丘団地は「緑と暮らすつながりの街」として豊かな緑と住民同士のコミュニケーションを大切に、人と人とのつながりを育む取組みを紹介しています。
 


シリーズ④ 多摩平の森団地の取組み紹介

JR中央線豊田駅にある多摩平の森団地の取組みを紹介。
多摩平の森団地は「緑との共存」「歩いて暮らせる安心安全なまち」「多世代がにぎわうまち」をコンセプトとして、まちづくりが進められています。
その具体的な事例を紹介しています。


シリーズ⑤ 高齢者支援の取組み紹介

UR都市機構は八重洲・新宿・梅田に高齢者相談窓口を開設。窓口では社会福祉士やケアマネージャといった福祉や介護のスペシャリストが対応しています。
様々な相談の具体的事例を挙げながら、高齢者の支援について紹介しています。